TEL

LINE

MAIL

買取ヤイバ | 業界最高買取率、即日でギフト券を換金

AppleGiftCardを現金にするとバレるって本当なの!?

AppleGiftCardは、従来まで販売されていたApplestoreギフトカードとAppstore&iTunesギフトカードが一つとなって販売されたギフトカードになります。

元々、アプリの課金などにはAppstore&iTunesギフト、Appleオンラインストアで販売されている製品にはApplestoreギフトでしか利用することができなかったのが、AppleGiftCard一つで全ての購入に利用できるようになりました。

一つになったことによって、ギフトコードの買い間違いはなくなったとはいえ、使う予定が無くなることやプレゼントとしてもらったが利用する予定がないなど様々な理由で使えずにいるといったことがあるかと思います。ギフトコードといっても一種の金券であるので、使わずにずっと手元にあるのはもったいないですよね。実際に、金券ショップやギフト券買取業者に売却するなど、ギフト券を現金に戻す方法はいくつかありますが、換金したことが第三者やクレジット会社等にバレてトラブルに繋がるといったことは避けたいですよね。AppleGiftCardを換金した際に、バレてしまう可能性があるのか確認していきましょう。

AppleGiftCardを現金にするとバレる可能性は!?

第三者にバレる可能性は・・・

AppleGiftCardを買取業者などで現金にしてもバレる可能性はほぼないといっていいでしょう。ギフト券買取業者を通して現金に戻す場合、基本的にメールでのやり取りでお買取りしてくれる業者がほとんどなので、自宅に資料が届いて個人情報やAppleGiftCardを現金にしたことが第三者にばれるといったことはまずありません。

ギフト券を現金にしたことがクレジット会社にバレる可能性は・・・

ギフト券は原則現金払いのみでしか購入することができませんが、販売元によってはクレジットカードで購入することができます。基本的にクレジットカード会社にギフト券を現金にしたことがバレるといったことは今までないですが、可能性はゼロではないです。特に支払いを滞納している方や高額な利用が短期間に多い方などは、疑われやすいので気を付けましょう。

AppleGiftCardの販売元によって…

アマゾン公式サイトや実店舗で販売されているAppleGiftCardですが、正規販売店以外で入手したものに関しては、そもそも買取業者では買い取ってもらえないといったこともあります。正規販売店以外で入手したものだと、そういったトラブルにも繋がる可能性があるので、非正規販売店でのギフト券の購入は避けましょう。

AppleGiftCardの種類

新しい図柄となって販売されているAppleGiftCardは、全5種類のデザインで販売されています。
金額は、1500円、3000円、5000円、10000円、20000円の5種類と自分で金額を決めることができるバリアブルカードがあります。バリアブルカードでは、1000円から最大50万円まで金額設定が可能となっています。

カードタイプ

コンビニエンスストアや家電量販店等の実店舗で販売されています。
店舗にもよりますが、固定券種は1500円、3000円、5000円、10000円の4種類となっており、バリアブルタイプであれば1000円から10万円まで金額指定が可能です。

Eメールタイプ

アップルストア公式オンラインサイトで、デジタルコードとしてギフト券を購入することができます。現物商品はなくEメールにてギフトコードが届きます。
金額は、3000円、5000円、10000円の固定券種と1000円から50万円まで金額指定ができるバリバブルコードタイプがあります。
支払い方法は、クレジットカードもしくはApplepayにて支払いが可能となっています。

まとめ

ギフト券買取業者にてAppleGiftCardを現金にしても、正規販売店で購入したギフト券であれば売却してもバレないことが分かったと思います。

Eメールで届くデジタコードタイプで購入すると第三者にバレるリスクもございません。

使い道のなくなったものやプレゼントでもらったけど使う予定がないなどがあれば、ギフト券買取業者に売却し現金にしてみるのもいいかもしれませんね。ギフト券買取業者は多数ありますが、中には悪徳買取業者も存在するので口コミ等を事前に確認しトラブルに巻き込まれないよう未然に防ぎましょう。

AppleGiftCard一覧へ

今すぐ

買取お申込み

買取ヤイバお申し込み 買取ヤイバお問い合わせ