TEL

LINE

MAIL

買取ヤイバ | 業界最高買取率、即日でギフト券を換金

アップルギフトコードとiTunesコードの違いとは

AppStore&iTunesカードはiTunesカードと一般的に呼ばれたりしているギフトカードの一種です。コンビニエンスストアや家電量販店で見かけたことがある方も多いのではないでしょうか?

いったい何に使うのかというと、iPhone内の有料アプリの購入やアプリ内課金、デジタルコンテンツへの支払いに使うことができます。そしてこのギフトカードは、実際にiPhoneやiPadを購入したりすることはできません。

というのも、こちらの用途に関しては別にギフトカードがあるからで、AppleStoreギフトと呼ばれるものがiPhoneなどのハードウェア機器などの購入に使用できます。逆にこちらのギフトカードはアプリ内課金などデジタルコンテンツへの支払いには使用できません。

2021年、この2つのギフトカードが統合されて生まれたのがAppleGiftCardとよばれるものです。統合されたといっても、iTunesカードとAppleGiftCardの中身は何が違うのでしょうか?
今回は詳しく解説していきたいと思います。

AppStore&iTunesカードについて

上記で軽く説明したAppStore&iTunesカードですが、ここではもっと詳しく見ていきたいと思います。

まず、購入場所についてですが、皆さんご存知の通りコンビニエンスストアや家電量販店で購入することができます。もちろんオンラインストアでも購入可能ですが、Apple製品を購入したりApple公式オンラインストアで使用したりすることはできません。

最初に述べた通り、このギフトカードは基本的に有料アプリの購入やアプリ内課金など、デジタルコンテンツにのみ使用することができます。

種類について

カードタイプとEメールでギフトコードが届くEメールタイプのものがございます。実物で入手できるカードタイプはプレゼント等にピッタリですね。

Eメールタイプの場合は、破棄したい時は届いたメールを削除すればいいので簡単に処理することができますね。

カードタイプの場合

  • 1,500円、3,000円、5,000円、10,000円の金額が固定されているタイプ
  • 1,500円~50,000円の中から指定して購入できるバリアブルタイプ

Eメールタイプの場合

  • 1,000円~50,000円

支払い方法についてはいずれも現金払いまたはクレジットカード決済、キャリア決済のみとなっています。

AppleGiftCardとはいったい!?

続いてAppleGiftCardです。2つが統合されたといいましたが、いいところだけを残したギフトカードです!

2つのカードはそれぞれの用途にしか使用できない、とお伝えしていましたが、このギフトカードはどちらの用途にも使用できます。iPhone等購入する場合にも使用できますし、アプリ内課金などにも使用することができます。間違って購入してしまった、ということもなくなって非常に便利になりました。

変わったのは機能だけではありません。金額面についても違いがあります。

コンビニエンスストアや家電量販店等

カードタイプ

  • 1,500円、3,000円、5,000円、10,000円の金額固定タイプ
  • 1,000円~10万円のバリアブルタイプ

なんと、バリアブルタイプの上限が増えて10万円に変更されました。高額商品を購入する際に便利になりましたね。

注意点ですが、コンビニエンスストアは基本的に現金払いです。セブンイレブンではnanacoカードでのお支払いも可能ですから、クレジットカードからnanacoにチャージして支払いということも可能です。

支払い方法について不安な方は一度店員さんにお尋ねくださいね。

Apple公式オンラインストア

Eメールタイプ

  • 3,000円、5,000円、10,000円の金額固定タイプ
  • 1,000円~50万円のバリアブルタイプ

お支払い方法はクレジットカード及びApplePayのみとなっていますのでご注意ください。

AppleStore直営店

バリアブルのみ

  • 1,000円~50万円

クレジットカード決済やApplePay、AppleGiftCardでのお支払い、銀行振込、コンビニ払いなど様々な方法がございますので、自分に都合の良い支払い方法をお選びください。

注意点について

注意点ですが、どちらも有効期限はありませんのでお客様の使いたいタイミングでチャージすることができます。

また、一度購入してしまった場合、返品や返金が難しい場合がほとんどですのでご購入の際は間違いのない様にしっかり確認しましょう。特にコンビニエンスストア等で購入した物は返品や返金ができませんのでご注意ください。

また、新しくはなりましたがAppStore&iTunesカードはiPhone等Apple製品の購入はできませんし、AppleStoreギフトはアプリ及びデジタルコンテンツの購入はできません。

AppleGiftCardでなければ、本来のそれぞれの用途にしか使用できませんのでご注意くださいね。

まとめ

AppleGiftCardとは

アプリ内課金やデジタルコンテンツの課金などに使用できるAppStore&iTunesカードiPhoneやiPad等のハードウェア機器の購入に使用できるAppleStoreギフト

  • この2つを統合して生まれたのがAppleGiftCard

上記どちらの用途にも使用できて大変便利なギフトカードである!

金額の違い

金額固定タイプは従来と同じ価格だが、バリアブルは上限が10万円(直営店では50万円)になった!

購入場所の違い

コンビニエンスストアや家電量販店、Apple公式オンラインストアやAppleStore直営店で購入できる

AppleGiftCard一覧へ

今すぐ

買取お申込み

買取ヤイバお申し込み 買取ヤイバお問い合わせ